本文へ移動
高速応答性能を持つARCO-2000N質量分析装置と高いリニアリティーを有する換気量センサーにより、真のBreath by Breath 計測が可能です。
O2, CO2はもちろんのこと、He, Ne, C2H2, 13CO212CO2など、様々なガスを同時計測することで得られる情報の豊富さと拡張性に優れたシステムです。
シンプルで見やすい計測・解析画面、運動負荷装置・再呼吸制御装置・ガス添加装置など、豊富な周辺機器が用意されています。
高圧、低圧、閉鎖環境、カロリーチャンバー等の特殊環境にも対応するシステムコーディネーションが可能です。

Breath by Breath モニターシステム

基本となるBreath by Breathモニターシステムは、ARCO-2000N質量分析装置、換気量センサー、マスクアセンブリ、PC&ソフトウエアー、校正ガスから構成されます。
ソフトウエアーは、シンプルで使いやすく、測定データトレンドグラフ、呼吸気パターンモニターなど、マルチウィンドウで見やすい計測画面が用意されています。
運動負荷装置制御機能、アナログ出力インターフェースなど便利なオプションが用意されており、様々な研究領域での応用が可能です。

運動負荷装置との連動と操作しやすく視認性の良いソフトウエア

Rebreathing Method

Rebreathing Controller [ARCO-2000-REB]をオプションすることにより、CO2、C2H2再呼吸法による心拍出量、肺血流量測定が可能になります。呼吸代謝測定を行いながらの同時測定が可能で、呼吸・循環・代謝機能情報を多角的に得ることが可能です。同時に、肺容量(RV, FRC)などの情報の取得も可能です。

再呼吸法対応心拍出量計測モジュール [ARCO-2000-REB]

Hood Method

フード換気装置 とフード をオプションすることにより、被験者にマスクを装着することなくフード法により被験者のエネルギー代謝諸量を計測することが可能になります。
フードには、臥位用、座位用を用意しております。安静時から睡眠時まで、被験者に侵襲を与えることなく、測定ができます。

特殊環境

高圧・低圧環境、高酸素・低酸素環境、閉鎖環境下など、特殊な環境条件下における計測システムを組むことも可能です。
海上自衛隊潜水医学実験隊では、日本で唯一、深度400m(41気圧)相当の深海における潜水訓練シミュレーターがあり、この環境で活動するダイバーのエネルギー収支・呼吸機能計測のためのシステムを導入しております。

ヒューマンカロリーチャンバーシステム

2000年度、本邦初のヒューマンカロリーチャンバーシステムが、国立健康・栄養研究所に設置されました。当社では、本システムのエネルギー代謝分析システム部門を設計・製作いたしました。
大小2つのチャンバーを二つの分析システムで交互分析するという、他に例のないシステムとなりました。弊社の生体ガス分析に関わる質量分析技術とシステム設計ノウハウを活かした信頼性を追求した、高性能システムです。
有限会社 アルコシステム
〒277-0005
千葉県柏市柏4丁目11番17号 イワダテビル
TEL.04-7169-7050
FAX.04-7169-1470

・生体に関わる呼吸、ガス交換分析用
 質量分析システムの製造・開発
・環境関連ガス分析システムの
設計・製造
・制御機器関連システムの設計・開発
・付帯ソフトウエアーの開発
・測定法、測定技術コンサルティング

0
2
9
4
2
0
TOPへ戻る